NFTに用いる技術、block chain(ブロックチェーン)の仕組みとは?要点だけ抑えておきたい。NFTを1から勉強していこう編Vo③

  • URLをコピーしました!

NFTの記事を読んでいると必ず出てくるこのブロックチェーンという言葉。

今回の記事ではブロックチェーンとはこのような技術なんだってことを学んで行きたいと思います。

新たな技術ブロックチェーンの実態とは?

悩んでる人

やはり技術の仕組みも理解してNFTを知っていきたいです。
ブロックチェーンって言葉からもいまいち想像できないです。

筆者はこんなひと
totonet
totonet(トトネット)@totonet6

職業:電気通信設備事業、IT関連事業

  • 手掛けた光工事、電話工事年間1000以上合計2万件以上
  • 工事担任者総合種取得
  • 光回線、電話回線、ネットワーク、最新技術のことならお任せください!

(スポンサーリンク)

目次

ブロックチェーンってなんのこと?

まずブロックチェーンの実態を把握していきます。

ブロックチェーンとは情報通信ネットワーク上にある端末同士を直接接続し、取引記録を暗号技術を用いて分散的に処理・記憶するデータベースの一種。
ビットコインなどの仮想通貨に用いられている基盤技術。
一般社団法人日本ブロックチェーン協会は広義のブロックチェーンを「電子署名とハッシュポインタを使用し改竄検出が容易なデータ構造を持ち、且つ、当該データをネットワーク上に分散する多数のノードに保持させることで、高可用性及びデータ同一性を実現する技術」と定義している。
:総務省(ブロックチェーンの概要より)

わかりやすく言うとブロックチェーンの実態は

    1. 情報データをみんなで管理し記憶する技術
    2. 情報データを改竄(改ざん)することはできません
    3. 不正や故障などの不具合が出ても全体的には問題なし

    という技術です。

    今の所なんとなくセキュリーが高い技術なのかな?って感じですね。

    ではブロックチェーンの技術の仕組みを見ていきます。

    ブロックチェーンの仕組み

    安全性が高そうな技術なんだなってことはわかりました。

    では実際にこのブロックチェーン技術の中身を見ていきます。

    もともとブロックチェーンは2008年にサトシ・ナカモトによって提唱された「ビットコイン」の中核技術として作られた。

    一般的にはデータのやり取りの記録や保管を取り出せるシステムを「データベース」と言いますが、このブロックチェーンは「分散型台帳」とも訳され新しい技術をもったデータベースと認識できます。

    このブロックチェーンはその名の通り

    「ブロック」を「チェーン」で繋いだ形で構成されます。

    出典:NTTデータ

    「ブロック」とは取引情報をまとめたもので、上の図にもあるように各会社が台帳情報を共有し「チェーン」鎖のように繋がることにより、従来の取引システムでは一つのサーバーにデータを留めていたものに対し、この「分散型台帳ブロックチェーン」ではすべての会社で台帳情報を共有することができ、すべての会社でデータを管理していることになります。

    この管理システムにより一つの会社のデータの改ざんが行われたとしても、他の会社とデータの共有がされているため違いがすぐに発覚します。

    このセキュリティの高さがブロックチェーンの特徴と言えるでしょう。

    また、一つのサーバーに固執しないため故障や災害時にもデータ分散されているため非常に強い管理システムだと感じます。

    NFTとブロックチェーンの関係について

    ブロックチェーン技術によって皆でデータを管理することによって改ざんできないシステムってことはわかりました。

    ではNFTにおいてのブロックチェーンの役割はどうなっているのでしょうか?

    見ていきましょう。

    まず、おさらいでNFTとは「コピーができない鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータ」でした。

    唯一無二のデジタルデータになるよってことでしたよね。

    今までにおいてもこのデジタルデータに電子透かしを入れるなど方法はありましたが、データの改ざん、コピーを防ぐ技術が今までなかった。

    しかしこの状況を変えることができたのが「ブロックチェーンの技術」。

    ブロックチェーン上ではデジタルデータは参加者(プラットフォーム)相互のデータ管理、検証が入るため、コピーや改ざんが実質不可能になり、デジタルデータが唯一無二の存在「NFT(非代替性トークン)」になり、データに資産価値をもたらすことが可能になった。

    なるほどって感じですよね。

    まとめ

    ブロックチェーンの技術を使ったネットワークの範囲なら、デジタルデータはNFTとして価値が出るってことなんですね。

    NFTに使用されている技術は理解できました。

    次回はNFTは実際にどんなビジネスができるか見ていきましょう!

    ではまた!

    ブログランキング・にほんブログ村へ

    totonet

    こちらのサイトへ足を運んでくれてありがとうございます! totonet(ととねっと)と申します。 現在、通信関係の仕事をしています。 このサイトでは通信関係を中心に長年培った現場のノウハウや知識, 最新のIT技術などを提供していきます! 資格は工事担任者総合種、電気工事士2種等保有しております。 雨の日も風の日も光回線、電話回線、ネットワーク回線と作業しております。 ぜひ、現場の生の知識を参考に!

    (スポンサーリンク)

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる