NFT(Non-Fungible-Token)とアートの関係について学ぶ、新たな市場を把握しよう!NFTを1から勉強編Vo④

  • URLをコピーしました!

NFTと聞くと真っ先に浮かぶのがアートだと思う。

むしろNFTアートのニュースを見てNFTってなんでしょう?って思った人も多いでしょう。

そんなNFTとアートの関係を学ぶことによって新たなビジネスモデルを勉強していくことが目的です。

悩んでる人

これからNFT界でアートビジネスをするためのイメージができません。
実際の例を参考に学んで行きたいです。

筆者はこんなひと
totonet
totonet(トトネット)@totonet6

職業:電気通信設備事業、IT関連事業

  • 手掛けた光工事、電話工事年間1000以上合計2万件以上
  • 工事担任者総合種取得
  • 光回線、電話回線、ネットワーク、最新技術のことならお任せください!

(スポンサーリンク)

目次

NFTアートの話題性について

まずおさらいでNFTとは唯一無二のトークンで代替えが不可能なデータの事です。

このNFTの技術を使ってデジタルアートを唯一無二の存在、唯一無二の価値を作ることができるのがNFTアートです。

現在、NFTアートは世界で話題となり、2021年NFT時代の幕が開けました。

NFTブームのきっかけを使った作品がこちら。

引用:CryptoPunks

この作品「CryptoPunks(クリプトパンク)」は24×24のピクセルアートです。

絵柄の可愛さ、ユニークさが話題を集め、2021年5月に9枚のピクセルアートであるパンクスが約18.5億円で落札されました。

なかなか想像できない額の取引ですね。

このシュールなドット絵が魅力で、エイリアンやゾンビなどレアキャラも存在するらしく、現在では約平均2万前後で取引されているようです。

このCryptoPunks(クリプトパンク)は2017年にJohn WalkinsonとMat Hallによって作られ、はじめは約1000個のパンクを実験的に作り無料配布していました。

配布以降、人気を集め数十万円での取引がされるようになり、2020年末ごろからのNFT市場の注目により一気に取引は加速していきます。

宇宙人のパンクは約8億円、また9枚のパンクが18.5億円と取引されることに繋がりました。

これこそがNFTアートの市場価値が覗えた瞬間です。

NFTアートの話題性についてもう一つ触れておきたいのが、Hashmarks(ハッシュマスク)。

Hashmarksの作品がこちら。

引用:Hashmarks

なんとも独特なお面の印象。

アート感が溢れています。

このHashmarksは2021年1月に始まったデジタルアートのプロジェクトで世界の70名ものアーティストが参加するチームによって制作されたデジタルポートレート作品で製作期間が約8ヶ月を費やしたそうです。

この作品は全部で16384作品。

それぞれの製作者は不明。

特徴として、全く同じものは存在しない。

2021年1月28日に初版セールは完売し、この先販売される予定がない事により、このアートは希少性が確保され、作品のレア度にもよりますが、非常に価値のあるNFTアートとなりました。

実際に、「OpenSea」マーケットプレイスで高額売買された作品がこちら。

取引額は約6900万円。

購入者の@seedphrase氏はこのようにツイートしています。

「私は自分自身を鼓舞し、この神秘的な光の輪のデーモンを420イーサリアムで購入した!」

確かに、希少性があり魅力的な作品は価値が高くなりますよね。

今後もNFTアート作品は高額な取引があることは間違いなさそうですね!

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来 [ 天羽健介 ]

NFTアートの法規制について

NFTアートの話題性、市場価値について触れてきました。

この高額な取引の裏で、問題に上がることはあるのでしょうか?

NFTはアートに限らず様々な分野で急速に拡大してきています。

その一方で、NFTにおける権利や取引における法整備などはまだまだ不十分だとされています。

特に所有権について日本の法上ではNFTなどのデジタルデータ(形のないもの)には適応されません。

そのため、NFTについては「誰のものか」ではなく、「誰に何の権利が発生するか」ということ。

デジタルデータの性質上、NFTを購入することによりどのような権利が得られるのかはここのNFTにより異なるため、購入する際は発行者や購入プラットフォームの利用規約等を理解し利用することが最重要になってきます。

NFT作品を購入したから世界で一つがけの私の物!

ってことにはならないから注意しましょう。

今後のNFTアート市場の動向予測

2021年NFTアート市場が幕を開けました。

今後この市場はどのような動向を見せていくのか?

今までの動向はNFTアートの平均価格、2021年初頭は約3.3万円前後。

2021年8月頃には111万円、ピークを過ぎて年末には33万円前後に落ち着きました。

今後も有名なアーティストの参入は増えていくと思います。

高額な取引が予想されるNFTアートの世界。

今後の動向に期待ができるでしょう。

まとめ

NFTアートのビジネスについて見てきました。

世界が注目してる市場だけあって、動くときの額が高額なのがわかります。

NFTのビジネスのおいてアートは主力のジャンルかもそれません。

次回はメタバースについて学んで行こうかと思います。

ではまた!

ブログランキング・にほんブログ村へ

totonet

こちらのサイトへ足を運んでくれてありがとうございます! totonet(ととねっと)と申します。 現在、通信関係の仕事をしています。 このサイトでは通信関係を中心に長年培った現場のノウハウや知識, 最新のIT技術などを提供していきます! 資格は工事担任者総合種、電気工事士2種等保有しております。 雨の日も風の日も光回線、電話回線、ネットワーク回線と作業しております。 ぜひ、現場の生の知識を参考に!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる