【工事者が解説】引っ越し先の賃貸物件で光回線を利用したい!申込みだけでは工事ができないこともある。必ず確認が必要なことを解説(NTT、コラボ光)

  • URLをコピーしました!

賃貸物件の光回線の開通工事がちょくちょく中止になることがあります。

それは申込者の確認不足でおこります。

工事当日、そんなことがおきないようにこの記事を作成しました。

悩んでる人

新しい集合住宅で光回線を申し込みました。
明日工事だけど問題ないかな?

筆者はこんなひと
totonet
totonet(トトネット)@totonet6

職業:電気通信設備事業、IT関連事業

  • 手掛けた光工事、電話工事年間1000以上合計2万件以上
  • 工事担任者総合種取得
  • 光回線、電話回線、ネットワーク、最新技術のことならお任せください!

(スポンサーリンク)

目次

必ず必要な事とは?

賃貸物件で必ず必要なことは『管理会社への光回線導入の許可』です。

まず管理会社やオーナーに光回線の導入許可を確認してください。

そこで初めて光回線を利用できる物件なのか、他の通信キャリアの物件なのかが判断つきます。

引越し先で光回線が使えませんでしたってことにならないためにも必ず確認しましょう。

なぜ導入許可が必要か

光回線工事には様々な方法がありますが、ファミリータイプを契約の場合、電柱から光ケーブルを引き込むため、外壁にビス止めが発生し、外観も多少は変化します。

建物に傷がつくのと外観の変化を好まないオーナーも多く、勝手に工事することはできません。

自分の家を勝手に工事されたら嫌ですよね?

導入許可なしで工事を行えないのか?

もし工事日までに光回線導入の許可を管理会社やオーナーに確認していなかった場合はどうなるか?

まず工事開始の前に工事担当者から導入許可の承諾の有無、外壁のビス止め、穴あけの承諾の確認を行います

そこで承諾を得ていなかったら工事は中止です。

工事許可取得後再工事になる(再度工事日を取得し直す必要がある)。

導入許可を取得していると嘘をついたらどうなる?

もちろん工事は開始されます。

ただ、本来未許可での開通工事のため、補修などのトラブルには工事会社は対応しません、また大きなトラブルに発展する可能性があるので嘘はやめましょう!

管理会社から光回線の工事内容を知りたいと言われたら

管理会社の担当者によっては光回線の導入にあたり、どんな工事をするか教えてほしいと言ってくる方も少なくないと思います。

そんなとき、「私に言われても・・・」ってなりますよね?

NTT、コラボ光では工事会社による『現地調査』があります。

ただ、有料になることがあるから光回線事業者へ確認した上で現地調査を依頼しましょう!

まとめ

工事日までに導入許可を確認していない方が多く、多くの工事が中止になってしまっています。

賃貸物件へ光回線の導入をする際は必ず管理会社やオーナーへ確認しましょう。

ではまた!

Weak current Site - にほんブログ村

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こちらのサイトへ足を運んでくれてありがとうございます!

totonet(ととねっと)と申します。

現在、通信関係の仕事をしています。

このサイトでは通信関係を中心に長年培った現場のノウハウや知識,
最新のIT技術などを提供していきます!

資格は工事担任者総合種、電気工事士2種等保有しております。
雨の日も風の日も光回線、電話回線、ネットワーク回線と作業しております。

ぜひ、現場の生の知識を参考に!

目次
閉じる