【技術者向け】IP電話の仕組みとは?簡単に解説します!

  • URLをコピーしました!

固定電話が減少している中、主流になっているIP電話。

名前は聞いたことあるけど、実際どうやって音声を届けているのか?

この記事を読めばIP電話の仕組みが理解できます!

悩んでる人

固定電話はなんとなくイメージが付くけど、IP電話だと仕組みがイメージできないな。

totonet

IP電話を深堀してわかりやすく解説していくよ!

筆者はこんなひと
totonet
totonet(トトネット)@totonet6

職業:電気通信設備事業、IT関連事業

  • 通信業界に勤めて約15年
  • 手掛けた光工事、電話工事年間1000件以上合計2万件以上
  • 工事担任者総合種、電気工事士2種取得
  • 光回線、電話回線、ネットワーク、最新技術のことならお任せください!

(スポンサーリンク)

目次

そもそもIP電話って何?

デジタル画像

IP電話とは(Internet Protocol)の頭文字で、インターネットに接続して音声を届ける電話のことを言います。

Internet Protocol(インターネットプロトコル)とは
ネットワークに接続されているずべてのデバイスに対してIPアドレスを付与し、そのアドレスに対して呼び出しを行う通信方式。

IP電話の種類

現在では結構身近な回線がIP電話です。

IP電話には(0ABJ番号)と(050番号)の2つのタイプがあります。

0ABJ番号とは?

0ABJ番号とは「03」「04」とかで始まる一般の加入者に割り当てられる電話番号の形式です。

「0ABCDEFGHJ」ゼロ・A・B・C・D・E・F・G・H・Jの10桁で構成されています。

A〜Jには数字が0〜9の数字が入りますが、「アイ(I)」がないじゃない?って思いましたよね。

(I)は数字の(1)と間違えるから除外されました。

この0ABJ番号の先頭から2〜5桁(0A〜0ABCD)が地域を表す市外局番で、残りが加入者の識別番号です。

totonet

同じ地域なら頭の6桁は似たような番号になっているよね。
「ー」ごとに「市外局番ー市内局番ー加入者識別番号」になるよ!

この0ABJ番号をIP電話で使用するには総務省の定める品質基準を満たしていなければなりません。

評価基準は「接続品質」「総合品質」「安定品質」「ネットワーク品質」でこの項目を満たしていれば0ABJ番号を割り当てることができます。

050番号とは?

050番号とは050で始まる11桁の電話番号のこと。

「050(IP回線を表す)ーXXXX(事業者識別番号)ーXXXX(加入者識別番号)」で表記しています。

0ABJ番号とは違い、市外市内の地域の識別情報は含んでいません。

携帯電話やスマートフォンでも利用できます。

totonet

LINEの通話もIP電話の一種になるよ。
ひかり電話もIP電話の「0ABJ」だね!

IP電話の仕組み

スカイプ

実際にどのように音声を変換しているのか解説していきます。

まずVoIPを知ろう

IP電話はVoIPVoice Over Internet Protocol)と呼ばれる技術でサービスを提供しています。

VoIPはインターネットを通じで通話する技術の総称です。

VoIPでは音声をデータ圧縮し、パケット変換しインターネットを通して相手に送ります。

悩んでた人

声をデジタルに分割して送る技術ってことね!

まずSIPを知ろう

IP電話を利用するには「VoIP」の他に「SIP」も知る必要があります。

このSIPは「Session Initiation Protocol」の頭文字で略され、IPネットワーク上で音声を利用する場合に、発着信や応答などの通話制御(呼制御)を行うプロトコルです。

totonet

簡単に言うと、音声をインターネットで送る時にどんな方法で送るかルールを決めましょう!
そうしないとどこに何を届けるか決まらないよねってこと。

IP電話で声が届くまで

VoIPとSIPが理解できれば後は簡単です。

電話している人
Aさん 右Bさん

上の絵の左「Aさん」から右「Bさん」へIP電話で声が届くまでをステップごとに見ていきましょう!

Aさん」が電話機の受話器へ音声を発します「もしもし〜」。

電話機が音声を電気信号に変換します。

電話機からの電気信号がVoIPゲートウェイやPBX(ひかりルーターやオフィス主装置がVoIP)に入ります。

SIPにより相手のIPアドレスやポート番号・セッションを確定します。

SIPにより相手が確定したらVoIPゲートウェイやPBXで電気信号をIPパケットへ変換します。(デジタル化)

インターネットを介してIPパケットが移動します。

SIPにより通信制御されたIPパケットが「Bさん」側のVoIPゲートウェイやPBXに受信します。

VoIPゲートウェイやPBXが受信したIPパケットを電気信号へ復元します。

VoIPゲートウェイやPBXが復元した電気信号を指定されたポートへ送信し電話機が受信します。

電話機が受信した電気信号を音声信号に変換し、受話器から音声に変えます。

Aさんの「もしもし〜」がBさんの耳に届きました!!

totonet

細かく見ていくと一瞬で会話していることがこんなことになっているんだって感動します!

上記の流れで、音声が電気信号に、電気信号がIPパケットに、IPパケットがネットワークを通って行きます。

受信はその逆になりますね。

最後に

今回はIP電話の通話の仕組みを簡単に解説しました!

IPの話になるともっと複雑だけど、ふんわりと表面だけにしました。

でも、一つ会話するだけでもこれだけの変換があるってすごいですよね。

これからIOTがどんどん進歩していきます!

明るい未来が待っています!

ではまた!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こちらのサイトへ足を運んでくれてありがとうございます!

totonet(ととねっと)と申します。

現在、通信関係の仕事をしています。

このサイトでは通信関係を中心に長年培った現場のノウハウや知識,
最新のIT技術などを提供していきます!

資格は工事担任者総合種、電気工事士2種等保有しております。
雨の日も風の日も光回線、電話回線、ネットワーク回線と作業しております。

ぜひ、現場の生の知識を参考に!

目次
閉じる