【光工事者が解説】賃貸物件、アパートなどに光回線を入れる際に注意すること、トラブルを回避する方法、解約や移転時の注意点をお伝えします

  • URLをコピーしました!

光回線を導入するにあたりトラブルが多いのが、賃貸物件です。

持ち家、自社ビルはお客様がオーナーですので設備都合がなければ光回線が導入できます。

賃貸物件は管理会社やオーナーの承諾が必要です。

何もアクションを起こさず光回線を工事してしまうと後でトラブルになってしまいますので、実際に工事を担当している私からトラブルを回避する方法をアドバイスします。

気持ちよく光回線を導入しましょう!

悩んでる人

新しく引っ越したアパートでインターネットを使いたいな〜。
WEBで申し込みしたけどこれで工事ができるのかな?

筆者はこんなひと
totonet
totonet(トトネット)@totonet6

職業:電気通信設備事業、IT関連事業

  • 手掛けた光工事、電話工事年間1000以上合計2万件以上
  • 工事担任者総合種取得
  • 光回線、電話回線、ネットワーク、最新技術、NFTのことならお任せください!

(スポンサーリンク)

目次

光回線の工事日までに必ず確認すること

安全作業

導入許可取得

賃貸物件での光回線の工事は必ず管理会社やオーナーの許可が必要です。

光回線の工事では壁の穴あけやビス止めなどが発生することがあるため、許可なしでは工事はできません。

必ず光回線の工事日までに導入許可を取得しましょう。

建物によっては個別に光回線を引くことはできない建物もあるため、早めの確認がおすすめです。

穴あけ、ビス止めについて

一番管理会社やオーナーが気になることがこの【穴あけ、ビス止め】です。

光回線を電柱から建物に引き込み際に配線を固定するためにビス止めが発生します。

「ビスを打たないで固定できませんか?」って言われる方が多いですが、工法上ビス止めが必要で、光ケーブルの安全品質のためには必要です。

建物の構造によってはビス止めが発生しないこともありますが、この【ビス止めがいる、いらない】のジャッジについては現場判断になりますので、事前にビス止めの許可を取得していないと工事中止の可能性は高くなります。

現場調査について

基本的に光回線を導入する際に現場調査は不要ですが、建物の近くに光回線がきていない、建物が大きく配線が困難と予想出きる、過去に何度か現場調査が入っている物件、また管理会社やオーナーに施工内容の資料を要求された場合に現場調査が発生します。

現場調査とは、調査員が派遣され光回線がどこまできているか確認し、実際にお客様のお部屋まで光ケーブルが通線できるのかを調査します。

その際に、ビス止めが必要なのか、壁に穴をあける必要があるのか、建物の設備室に入る必要があるのか、鍵などの借用が発生するのか、近隣住民に声掛けが必要なのかなど、開通工事にトラブルにならないように事前に必要事項を確認します。

ただこの現場調査は費用が発生する場合があるので、調査を依頼する際には受付センターへ料金の確認をしましょう。

光回線の解約や移転時の注意

光回線を解約したときや移転するときに「今引き込まれている光ケーブルどうするの?」ってなると思います。

解説します。

管理会社やオーナーに確認

光回線を解約した際や移転の手続きをしたら、光ケーブルを外す必要があるのかないのかを管理会社やオーナーに確認しましょう。

というのも、基本的には次の入居者が使用する可能性も高いので管理会社的には残しておくのもアリかもしれません。

だた、部屋の中に光ケーブルが雑に残っていたりすると印象が良くないので、現状復旧してください!って管理会社が多い印象です。

現状復旧はケーブルを外すだけ

工事担当者は現状復旧と言われても配線を外すだけです。

よくあるトラブルが、ビス穴や室内モール(両面テープでクロスにくっついてるやつ)の跡です。

外壁のビス穴についてはコーキングで穴埋め処理を実施しますが、室内モールは剥がせませんので残ります。

モールを剥がすとクロスごと剥がれますので取ることができません。

賃貸物件のモール作業については開通工事の際に事前に工事者とお客様で承諾の上でつけていますので、剥がすことはできません。

光回線の導入が断られた

賃貸物件では光回線が導入できないことが多々あります。

そんな時は5Gのホームルーターがおすすめできます。

ホームルーターは光回線のような工事は不要ですので、ぜひ検討してみてください!

工事不要!すぐに使える、おうちのWiFi【Rakuten Turbo】

まとめ

賃貸物件は光回線の導入時のトラブルが多いです。

事前に管理会社やオーナーに確認してスムーズに工事ができるといいですね!

せっかく工事に来たのにできないって帰られた〜って事にならないようにこの記事が参考になればと思います!

ではまた!

にほんブログ村 IT技術ブログ 回線・光ファイバーへ
にほんブログ村

totonet

こちらのサイトへ足を運んでくれてありがとうございます! totonet(ととねっと)と申します。 現在、通信関係の仕事をしています。 このサイトでは通信関係を中心に長年培った現場のノウハウや知識, 最新のIT技術などを提供していきます! 資格は工事担任者総合種、電気工事士2種等保有しております。 雨の日も風の日も光回線、電話回線、ネットワーク回線と作業しております。 ぜひ、現場の生の知識を参考に!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる