ONU、ルーター関係の給電は電源タップで大丈夫?詳細、メリット、デメリットを解説

  • URLをコピーしました!

光回線の工事を行っているとお客様から「光のルーターの電気は電源タップとかあんまり使わないほうが良いの?」と質問をいただくことが多いので記事にしてみました。

電源タップのメリット、デメリットを解説します。

悩んでる人

電気の消費量とかはどうでしょうか?

筆者はこんなひと
totonet
totonet(トトネット)@totonet6

職業:電気通信設備事業、IT関連事業

  • 手掛けた光工事、電話工事年間1000件以上合計2万件以上
  • 工事担任者総合種取得
  • 光回線、電話回線、ネットワーク、最新技術のことならお任せください!

(スポンサーリンク)

目次

電源タップとは?

イメージしやすいように念のため解説。

電源タップとは・・・電気を供給するための装置で、通常は壁コンセントに差し込んで使用されます。

これにより、単一の電源ソケットから複数の電子機器や電気機器に電力を供給できます。電源タップは通常、複数のコンセントを備え、一般的には家庭やオフィスで電子機器を同時に接続するために利用されます。

一家に一個はありますよね。

ONUやルーターとは?

こちらも念のため解説します。

ONUとは・・・「Optical Network Unit」の略で、光通信ネットワークにおいて、光ファイバーネットワークと顧客の設備を接続する端末装置を指します。

主に光ファイバーブロードバンドネットワークで使用され、光信号を電気信号に変換して最終的な顧客機器に提供します。

光学的なネットワークの末端で動作し、通信プロバイダーから提供される光ファイバー接続を利用して、家庭や事業所などのユーザーに高速のデータ通信サービスを提供します。

ルーターとは・・・コンピューターネットワークにおいて、異なるネットワーク間でデータを転送するための装置です。一般的な用途では、家庭やオフィスでのインターネット接続に使用されます。

どちらも当然ですが電源が必要です。

電気の消費量

ではどのくらいの電気を消費するのか?

ルーターの電気の消費量は一般的に非常に低く、通常は数ワット以下です。

これは一般的に小型の電子機器であり、他の大型の電力を必要とする機器と比較して電力消費が少ない。

ただし、製造元やモデルによって異なります。

特に無線機能や他の付加機能がある場合、消費電力がわずかに上昇する可能性があります。

通常、メーカーの製品仕様シートや取扱説明書には消費電力に関する情報が記載されていますので、具体的な製品の仕様を確認すると良いでしょう。

電源タップの容量

電源タップの容量は、接続できる電子機器の数や電力制限を指します。

一般的な電源タップは、容量をVA(ボルトアンペア)またはW(ワット)で表します。

これは、接続できる機器の合計電力を示しています。

例えば、500VAの電源タップは、合計で500ワットまでの電力を供給できることを意味します。

通常、電源タップにはその容量に関する情報が表記されており、この情報を確認することで適切に機器を接続できます。

ただし、電源タップの容量を超えないようにし、安全な使用を確保するためには、接続する機器の電力要件を把握し、容量を適切に選択することが重要です。

ONUやルーターに電源タップを使うメリット、デメリット

電源タップには容量が決められていることがわかりました。

ONUやルーター自体の電気の消費量はごく僅かですので、他の使用機器との電気使用量を把握することが大切です。

では電源タップの使用時のメリット、デメリットを紹介。

メリット

  1. 拡張性: 電源タップを使用すると、単一の電源ソケットから複数の電子機器を接続できます。これにより、機器の増設や変更が容易になります。
  2. 整理されたケーブル管理: 電源タップを使うことで、複数の機器を一か所にまとめ、ケーブルの整理ができます。これにより、配線がスッキリとし、見た目が美しくなります。
  3. 利便性: 電源タップは携帯可能で、異なる場所で使用することができます。これは、オフィスやホームエンターテインメントセットアップなど、さまざまな環境で役立ちます。
  4. 保護機能: 一部の電源タップには、サージプロテクション(過電圧保護)や過電流保護などの安全機能が組み込まれていることがあります。これにより、機器を電気的なトラブルから保護できます
  5. 手軽な電源供給: コンセントの数が限られている場合や、配線が不足している場合に、電源タップを使用することで追加の電源を手軽に提供できます。

ただし、注意が必要で、電源タップの容量や安全基準を確認し、正しく使用することが重要です。

デメリット

  1. 過負荷の危険: 電源タップに接続される機器の合計電力が電源タップの容量を超えると、過負荷が発生し、過熱や火災の危険があります。容量を確認し、安全な範囲内で使用することが重要です。
  2. ケーブルの乱れ: 多くの機器が一か所に接続されると、ケーブルが絡まりやすくなり、整理が難しくなります。ケーブルの乱れはメンテナンスやトラブルシューティングを難しくする可能性があります。
  3. サージプロテクションの限定性: 一部の安価な電源タップには十分なサージプロテクションが組み込まれていないことがあり、雷などのサージから機器を守ることが難しい場合があります。
  4. 安全基準の不足: 低品質な電源タップは適切な安全基準を満たしていない可能性があり、これが火災や感電のリスクを引き起こす可能性があります。信頼性の高い製品を選ぶことが大切です。

これらのデメリットを考慮して、適切な容量や品質の電源タップを選択し、安全に使用することが重要。

まとめ

ONUやルーターでの使用電力はごく僅かです。

電源タップの使用はコンセント口を増やすことができ、とても便利です。

使用においては容量の把握が重要で、コンセントで使用している端末の電力の合計がタップの容量を超えないような使い方をしてください。

ではまた!

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

totonet

こちらのサイトへ足を運んでくれてありがとうございます! totonet(ととねっと)と申します。 現在、通信関係の仕事をしています。 このサイトでは通信関係を中心に長年培った現場のノウハウや知識, 最新のIT技術などを提供していきます! 資格は工事担任者総合種、電気工事士2種等保有しております。 雨の日も風の日も光回線、電話回線、ネットワーク回線と作業しております。 ぜひ、現場の生の知識を参考に!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる